海峡サーモン(「りんごの花」・四谷3丁目)

飲食店

昔ながらの風情が残る青森居酒屋

この海峡サーモンと出会ったのは、四谷と新宿の間あたりにある昔ながらの風情が残る荒木町というエリアに佇む青森料理専門居酒屋だった。「海峡」とは津軽海峡から名前をとったものだ。

青森といえばホタテとかりんごは有名なのだが。いまいち鮭ってピンと来ない。むしろ鮭と言えば断然北海道なイメージなのだが。本当に名物なのか?

まずは調べてみることにした。

地元の漁師の方のチャレンジにより生まれたブランド品

時は30年ほど前に遡る。当時はいわゆる「獲る」漁業から「育てる」漁業へと、漁業という存在が変化を求めれている時代だった。原因は当時この地を支えていたイカ漁の不漁だ。この不漁を埋めるものが必要だったのだ。

そこで青森県下北地方の外海でニジマスを育ててみよう!というのが始まりだったらしい。ニジマスには鮭のように川から海に降りる習性があるのでちょうどよかったのだ。

ちなみにマスは鮭化の魚でその区別は曖昧だという。大雑把にいうとマスは鮭と捉えてもよいのだ。

しかしこの漁師たちのチャレンジ、最初から上手くいったわけではない。形になるまで失敗に失敗を重ねた。

例えば淡水で育てて海水に慣らして行く時のタイミングをつかむことが難しかったり、流れの早い津軽海峡の潮が生簀を破壊してしまったり・・・etc。

それでも決して諦めない漁師たちの気持ちが一つとなり海峡サーモンは30年かけてブランド品となった。冷たく潮の流れが早い津軽海峡で育ったからこその旨さが凝縮されかつくどくならない海峡サーモンが育つのだ。

早速「海峡サーモン」を試してみた

美味い・・・。

歯ごたえが普通のサーモンと全然違う。

特に脂肪の黒い部分だ。あの部分の歯ごたえがこりこりしているんだ。

これが先ほど書いた冷たくて流れの速い津軽海峡でそだった結果なのではないだろうか。この海峡サーモンはサーモン界のアスリートだ。

ちなみに飯と一緒に行く時はゴリっと豪快に贅沢に食うといいと思う。

酒と一緒にやる時は、少しずつ歯ごたえを楽しみながらやるのが一番だ。

確か6切で780円くらいだった。試してみるといい。

店情報

新宿区荒木町11-24
http://www.ringonohana.com


コメント